YouTubeチャンネル登録してね
リゾートバイト

【インタビュー】20歳の君へ。今の僕が君に贈りたい言葉とは

どうも!なべちゃん(@Nabe_chan0910)です。

過去にやっていた企画のリニューアル復活。
この企画は、

『一歩踏み出したいあなたの背中を押すこと』

を目的にしています。

実は僕が10代の頃って周りの目を気にしてしまって、やりたいことや興味持ったことに挑戦することができなかった。

一度きりの人生なのはわかってるけど、まだ一歩踏み出せずにいたあの頃の自分に向けての企画のようなものだったり。

人それぞれの、一歩踏み出せなかった頃というのがあって
当時の自分に送るメッセージをもらいたいと思います。

そのメッセージを折り紙に書いてもらい、一羽ずつ折り鶴にしてまとめていきたいと思います。

こんな人に読んでほしい
  • 新しいことに挑戦したい
  • 周りの目を気にしてしまう
  • でも楽しく生きたい
  • 自分らしく生きたい

初めての出会い

新たな出会い

今回のインタビューは、僕のリゾートバイト先で出会った韓国人のSさん。

今の旅館で働いてもうすぐで契約の1年が終わろうとしていた。
僕は、その人の代わりのポジション。

僕とSさんは1ヶ月の時間を一緒にすることになる。

Sさんにとっては、最後の1ヶ月。

僕にとってはこれから教わる人がいなくなるから覚えないといけない期間。

日本に来て1年にも関わらず、日本語も上手ですごく丁寧に教えてくれた。

僕にとっては、最初の1ヶ月一番長く一緒にいて一番話した人だ。

新しい働き方

新しい働き方

Sさんは、これまではアメリカのホテルでも働いていました。
現地に住んで、その国の言葉を覚えながら文化にも触れる。

住み込みなので、家賃も光熱費も食費もかからない働き方。

一般的に考えると、旅行に行こうと思うとある程度の休暇は必要で
旅費もホテル代も観光する時のお金もかかってしまうイメージ。国内でも年に数回というイメージなので、海外に行くことは特に難しかったりすると思うよね。

調べたら、海外で住み込みで働く方法もある。

ちなみに、Sさんからの提案をもらった。

昨日、韓国人の友人からセブ島留学を
超格安で英語も話せるようになるアドバイスもらった。

・セブ島で現地の彼女つくる

以上www

その方が、楽しく英語覚えられて
幸せですよってwww

た し か にwww

これは、セブ島留学を検討しててSさんに相談した時の回答だ。

特に、フィリピン人は日本人や韓国人の人がモテるし彼女作ったらいいと思うよ!
で、現地で働きながら一緒に暮らせばいいよ!

というアドバイスw

ただ、この話って結構目からウロコだと思っていて
学生時代が終わって社会人になった時の選択肢っていうと

  • 就職
  • フリーター
  • 起業
  • ニート

上記がほとんどで、大体は就職をしていて最近はフリーターの人も多くなってきたイメージ。

僕は、日本国内でも旅はしたいって思っているけど海外でも旅をしたいからそういう意味では就職という選択肢は今の僕の人生の選択肢にはないからとても参考になった。

日本で働こうと思ったきっかけは?

ここから、Sさんの実際のインタビューをまとめていきたい。

ー日本で働こうと思ったきっかけは?

Sさん「長期間で日本に滞在しながら、日本語と文化を学びたかったんです」

なべち
なべち
確かに住み込みで働きながらだと旅費はかからないし、日本の文化も学べそうですね!どうやってこの働き方を見つけたんですか?

Sさん「僕は、日本に来る前はアメリカで5年程住みながら働いていました。なので、普通に住みたい国に住んでそのまま現地の言葉を覚えて働いています。」

 

なべち
なべち
そうだったんですね!というか響きもいいですね!アメリカに住んでいてアメリカで働いていたってかっこいいです!

料理する仕事ってどこの国でもあるし、職場としても需要はありますねぇ。

 

休日の過ごし方は?

なべち
なべち
休日って何をして過ごしてますか?

 

Sさん「長期間で日本に滞在しながら、日本語と文化を学びたかったんです」

なべち
なべち
素敵ですね!最近だとどこに行きましたか?

Sさん「京都ですね、京都の旅館にも泊まりました。めっちゃいいですねぇ」

なべち
なべち
わぁめっちゃ日本楽しんでますね!

僕は、日本人ですがまだまだ行ったことない所もたくさんあるので色んな所にでかけたいんですよね。

これまでは、全然どこにも行けてなかったからこれからは出かけたいですね!

日本人なのに全然出かけてないんですよねぇw

生き方について

生き方について

俺は、20歳の頃が人生のターニングポイント。
10代は本当に周りの目を気にして何もできなかった。

はじめて、自分で自分の人生を選択したのも20歳だった。

人生は一度きりしかないんだから、やりたいことをやってみたい。

今回は、リゾートバイトで働く決断をして出会った。

今までだと通ることのなかった人生の選択肢の中で出会うだけでも刺激を受けるしすごく興味がある。

理由は、その人も何か課題を抱えていて何かを求めているから。
そして、その人なりの考え方や生き方がそこには存在する。

なべち
なべち
俺の人生が変わるきっかけって20歳で、危篤状態で死にかけた時だったんですよねw
それがなかったら変わらず何もできないままだったと思いますw
Sさんの行動するための考え方というか、生き方というかそういうのってありますか?

Sさん「自分にもっと集中して仏教を勉強してみようと思ってます」

なべち
なべち
そうなんですね!でも確かに言われてみれば、休日は毎回旅行に出かけるのもそうですけど
自分の興味もった場所に行ったり体験したり自分の人生を生きてますねぇ。

Sさん「お酒好きなので仕事が終われば必ずお酒を飲んでます。自分は何が好きなのか?どんな場所に行ってみたいのか?もっと集中して自分を見るのがいいですね」

なべち
なべち
周りに流されることなく自分自身でやってみたいことをどんどんしたほうがいいですね。
もしも過去の自分自身、これから新しいことを始めるけど一歩踏み出せなかった頃の自分にメッセージを送るとしたら何かありますか?

Sさん「人生の時間は決まっている。やりがいのある人生を生きなさい

なべち
なべち
ありがとうございます。とても楽しい時間でした!そして、韓国にも遊びにいくのでその時にはぜひ一緒にお酒飲みましょう!

まとめ

このインタビューを通して、感じたことがある。

誰にも言えないくらいに悩んでたあの頃。そして、ようやく踏み出した一歩。
きっと人ぞれぞれ、年齢もタイミングもそれぞれ違うけどそういうタイミングってあるんだと思う。

自分だけじゃなかったんだ。

そう思えると安心した気がして、そして次も乗り越えることができる気がして。

ABOUT ME
なべちゃん
なべちゃん
リゾートバイトで稼ぎながらブログとかYouTubeしてます。自分らしく生きる方法とか発信してます。新しいことに挑戦するのが好き。 好きなタイプはメリッサブノア。人生のチャレンジャー。
LINEでお友達追加してね!

友だち追加